NTT DATA Global IT Innovator

株式会社 NTTデータ東北

RPAソリューション「WinActor」の管理ロボを提供開始~多数のWinActorを一元管理・統制し、さらなる業務自動化に貢献~

2017年9月29日
株式会社NTTデータ東北

 株式会社NTTデータ東北(以下:NTTデータ東北)は、2017年9月29日より株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)がRobotic Process Automation(以下:RPA)ソリューション「WinActor(ウィンアクター)」をサーバー上で一元的に管理・統制するソフトウエア型ロボット(以下:管理ロボ)の提供を開始したことに伴い、順次提供を開始します。

 「WinActor」とは、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作を自動化するソフトウエア型ロボットです。

 「管理ロボ」とは、WinActor実行版(以下:実行ロボ)(注1)やWinActorの動作シナリオをサーバー上で一元的に管理・統制するソフトウエア型のロボットで、WinActorのWindowsサーバーOS対応型提供開始に合わせ、NTTデータが開発しました。ユーザーは管理ロボに作業を設定するだけで、多数の実行ロボを使って自動かつ効率的に複数の作業シナリオを並行処理できるようになります。また、管理ロボは、BPMツール(注2)等の業務を横断的に管理する他のソフトウエアとも連携可能なため、全社的な業務自動化のさらなる加速に貢献します。

 今後、管理ロボを通じ、クラウド上でのWinActorによる自動化や、AIとの連携による高度な自動化の実現など、個々のニーズに合った業務自動化を推進してまいります。

関連リンク
NTTデータ ニュースリリース ≫ (外部リンク)
WinActor Webサイト ≫(外部リンク)

注釈
(注1)
WinActorには、フル版と実行版があります。 WinActorフル版とは、業務自動化シナリオを作成し、自動化シナリオを実行するソフトウエアです。WinActor実行版とは、WinActorフル版で作成した業務自動化シナリオを利用し、シナリオを実行することに特化したソフトウエアです。

(注2)
BPMツールとは、Business Process Managementの略で、複数の業務プロセスや業務システムを統合・制御・自動化し、業務フロー全体を最適化するためのツールのことです。NTTデータはIM-BPM等のツールを提供しています。

・「WinActor」は日本国内におけるNTT-ATの登録商標です。
・その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。