NTT DATA Global IT Innovator

株式会社 NTTデータ東北

郡山市との「要介護認定事務におけるAI実証実験」に関する最終報告について

2020年7月27日
株式会社NTTデータ東北

 株式会社NTTデータ東北(以下、NTTデータ東北)は福島県郡山市(以下、郡山市)と、2020年7月27日に要介護認定事務のAI導入に向けた実証実験(以下、本実証)に関する最終報告会注1を開催しました。
 本実証では、認定調査票の調査結果の確認作業にAIを活用しており、本格導入に向けて一定の効果が確認されました。これにより、最大70%の人的コストの削減注2が期待できる見込みです。
 今回の実証結果を受けてNTTデータ東北では、今年度中に認定調査票の確認作業のAIサービスを全国に提供予定です。

【実証の概要】
 本実証では、認定調査票の各調査項目の調査結果(基本調査)と、結果の根拠となっている調査票の記述内容(特記事項)をAIに学習させ、各調査票の調査内容で矛盾が生じていないか等の整合性確認をAIにより実施し、精度検証を行いました。

【実証の結果】
 AI精度の分析の中では、学習データを追加する等、追加検証を重ねることで、AI精度の向上を実現することができ、本格導入に向けて一定の効果を確認することができました。
 このAIを要介護認定事務に適用することで、人手によるチェック作業の効率化や、チェック漏れによる誤認定の防止が実現できるとともに、想定される業務改善の効果は最大70%の人的コストの削減が期待できる見込みです。

図1.png

<図1.AI効果イメージ>

【今後について】
 NTTデータ東北では、本実証で得た知見を生かし、本格導入に向けた取り組みを行っております。要介護認定事務におけるAIは、全国の自治体で利用いただけるようLGWAN環境でのサービス提供を予定しています。2020年度中にサービスを開始し、要介護認定事務作業の負担軽減や業務の効率化などによる、介護サービスの向上に寄与したいと考えています。

(注1) 2019年12月4日に郡山市と協定締結した「要介護認定事務におけるAI実証実験」に関する最終報告会。
(注2) 効果は、「年間の認定調査票件数×認定調査票1件あたりの確認に要している時間×時間あたりの職員単金」をもとに算出。(NTTデータ東北調べ)

関連記事
 ・郡山市との「要介護認定事務におけるAI実証実験」に関する協定締結について
  <https://www.nttdata-tohoku.co.jp/newsrelease/20191204.html>

NTTデータ東北は個人情報の保護に関する法律、その他関係する法令および条例、ならびにNTTデータ東北の個人情報保護方針を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

本件に関するお問い合わせ先

■報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ東北
経営企画部
横尾(よこお)
電話:022-721-5533

■実証実験のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ東北
公共事業部 営業部
相場(あいば)
若林(わかばやし)
菅原(すがわら)
電話:022-721-5535