NTT DATA Global IT Innovator

株式会社 NTTデータ東北

仙台市との「行政事務におけるRPAツール利活用の有効性確認の実証」に関する結果報告会を開催

2019年1月28日
株式会社NTTデータ東北

 株式会社NTTデータ東北(以下、NTTデータ東北)は仙台市と、平成30年9月に協定を締結した「行政事務におけるRPAツール利活用の有効性確認の実証」(以下、本実証)に関する結果報告会を平成30年12月末に開催しました。

 本実証では「WinActor(※1)」を利用して6業務のシナリオを作成し、改善効果の検証を行いました。また、効果検証後には本実証に参加した職員へのアンケート調査を行い、行政事務におけるRPAツール適用に関する意見の収集・分析も行いました。

【対象業務】
 対象業務の選定にあたっては、各担当課に実証業務を募集し、候補として挙がった業務の中からRPAの効果が見込まれる業務を一次選定し、実際の操作確認や運用フローのヒアリング等を経て最終的に以下の6業務を選定しました。

gyoumu_itiran.png

図1.対象業務一覧(クリックで拡大)

【検証結果】
 対象6業務の作業時間削減率はそれぞれ70%を超え、RPAツール適用による高い削減効果を確認することができました。
 また、情報システム課の「庁内LANにおけるウイルス検知端末のネットワーク切断」業務については、「ロボットが職員に代わってウイルス検知メール受信を常時監視し、有事の際には決められたルールに則って処理を行う」というシナリオを作成・検証し、職員の手を介さずに迅速かつ正確な対処が可能であることが確認できました。
 これは、これまでの「作業時間削減」を中心としたRPAツール適用に留まらない、新たなRPAツール活用手法と位置付けることができます。

sakugenkouka.png

図2.削減効果一覧(クリックで拡大)

 職員アンケートでは、「作業そのものを見直すきっかけとなり業務改善に繋がる」、「一般的なシステムに比べて容易に導入が可能である」など、RPAツール活用を評価する声があった一方で、「RPAツールを本格導入し、運用していくには標準ルールやフレームワークの策定が必要」といった、今後検討すべき課題についても率直な意見が寄せられました。

【考察】
 今回の実証により、一定の削減効果を測定することができ、行政事務におけるRPAツールの有効性を確認することができました。加えて、今回作成したシナリオでは、各行政事務において共通する「システム登録」や「ファイル加工・転記・修正」などの処理を網羅的に組み込んで実証したことにより、RPAツールが行政事務へ幅広く適用可能であることが確認できました。
 一方で、RPAツール導入に関する方針やルールの策定、推進体制の構築といった導入・定着に向けて取り組むべき課題も明らかになりました。

 今後、NTTデータ東北は本実証で得られた成果や知見を活かして、RPAツール活用による行政事務の改善の支援に継続的に取り組んでまいります。

※1「WinActor」とは
「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所の技術を核に、NTTアドバンステクノロジ株式会社が開発し、NTTデータが販売元として提供している純国産のRPAソリューションです。WindowsOSのサーバーやパソコンから操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして記録し、業務処理の自動実行を簡易に実現します。
・WinActorポータルサイト:https://winactor.com/
・「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。

 NTTデータ東北は個人情報の保護に関する法律、その他関係する法令および条例、ならびにNTTデータ東北の個人情報保護方針を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ東北
経営企画部
担当者:角野(かどの)
電話:022-721-5533

株式会社NTTデータ東北
公共事業部 営業部
担当者:古山(ふるやま)
電話:022-721-5535