NTT DATA Global IT Innovator

株式会社 NTTデータ東北

仙台市との「行政事務におけるRPAツール利活用の有効性確認の実証」に対する協定締結について

2018年9月14日
株式会社NTTデータ東北

 株式会社NTTデータ東北(以下、NTTデータ東北)は仙台市と、行政事務におけるRPAツール利活用の有効性確認の実証に関する協定(以下、本協定)を9月3日に締結しました。

 NTTデータ東北は、これまで働き方変革等の社会課題に対し、RPAソリューション「WinActor(※1)」の導入により、お客様の業務改善を支援してきました。
 本協定の期間は平成30年度内とし、11月までにNTTデータ東北は仙台市と共同で行政事務にRPAツールを適用した場合の改善効果を検証します 。
 また、実際にRPAツールを利用した職員の意見集約を行い、ツール利活用の可能性や適用範囲等の検討を行います。

■適用業務の概要
 以下の6業務に対して「WinActor」でシナリオを作成し、RPAツール利活用の有効性を検証します。

gyoumu_s7.png

[表をクリックで拡大表示]

※1「WinActor」とは
「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所の技術を核に、NTTアドバンステクノロジ株式会社が開発し、NTTデータが販売元として提供している純国産のRPAソリューションです。WindowsOSのサーバーやパソコンから操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして記録し、業務処理の自動実行を簡易に実現します。
・WinActorポータルサイト:https://winactor.com/
・「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。

 NTTデータ東北は個人情報の保護に関する法律、その他関係する法令および条例、ならびにNTTデータ東北の個人情報保護方針を
遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

本件に関するお問い合わせ先

■報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ東北
経営企画部
担当者:角野(かどの)
電話:022-721-5533

■実証事業のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ東北
公共事業部 営業部
担当者:古山(ふるやま)
電話:022-721-5535